« 韓国のレオナルド | メイン | 4ビットマイコンで光のハートを描いてみる »

『大人の科学』4ビットマイコンに触る

Blogmag , 近代プログラマの夕4

Posted at 2009/05/07 01:07:22 by hortense

 『鑑識・米沢守の事件簿』は、邦画では久々のナード映画というわけでおススメであるわけですが。その中で、主人公の米沢守が自宅で指紋を採ろうというときに使うのが『大人の科学マガジン』。いい感じで入ってくるわけですが、Vol.2に「あなたの名探偵・探偵スパイセット」というのがあのですね(この部分シナリオもいい)。さて、その『大人の科学マガジン』Vol.24は「大人の科学マガジン初のデジタルふろく」ということで、「4ビットマイコン」であることが告知されています。それが、書籍編集部のMくんの関係で、ちょっと特別にお借りしていじっているのでありますが、これが楽しい。4ビットマイコンということでレジスタには、0~Fまでしか入らない。プログラム領域が、00h~4Fh、データ領域が50h~5Fhまでしかありません。00h~5Fhなので96バイト相当と思われた方がいるかもしれませんが、なにしろ4ビットマイコンということで48バイト分しかありません。ウェブサイトの住所入力欄より短いと思います。


_640_DSCN8577.jpg

 表示能力は、本体に出っ張っている16進1桁のLED表示と、2進7桁のLEDしかない。2進7桁をビットマップ的に解釈すると、XGA(1024×768)もだいぶ小さい画面の部類に入っていると思いますが、そのザッと10万分の1でしょうか? 基本的に、キットでなくても本来コンピュータというものは、こうやってボタンを押すとアドレスの中身がビットの状態で見えたり、セットしたりできるものなのでした(それを覆い隠した情けない存在がパソコンなのだということをいま思い出しました)。これでプログラムを書くわけですが、たくさんのっているサンプルコードを見ると意外や「サイモン」みたいな音程当てゲームや数字記憶ゲーム、落とし穴ゲームや神経衰弱までできてしまう。ここまでプリミティブになると、ある種の哲学的機械というか、コンピュータを語る人は、1本くらいはプログラムを書いてみるといいのではないでしょうか? 米沢守の事件簿と同じぐらいヒット。


_640_DSCN8578.jpg

追伸
 映画ついでにいうと『スラムドッグ$ミネオネラ』もフラット化する世界を見る感じの映画になっています。インドが「いかにも」な感じで映画の素材になっているだけのような気もしますが、映画の魅力もすべて入ってエマージングな感じが縁起物でヒットしているではないですかね?


4ビットマイコンで光のハートを描いてみる
http://blogmag.ascii.jp/tokyocurrydiary/2009/05/post_120.html
詰めプログラミング(世界最小POVプログラム?)
http://blogmag.ascii.jp/tokyocurrydiary/2009/06/post_126.html
4ビットマイコン・プログラミングの注意点
http://blogmag.ascii.jp/tokyocurrydiary/2009/06/post_127.html
4ビット人工知能
http://blogmag.ascii.jp/tokyocurrydiary/2009/06/4.html
4ビットエッフェル塔
http://blogmag.ascii.jp/tokyocurrydiary/2009/07/4_1.html
古代ギリシャのコンピュータと4ビットマイコン
http://research.ascii.jp/elem/000/000/023/23737/

トラックバック

このページのトラックバックURL:

http://blogmag.ascii.jp/admin/mt-tb.cgi/2411

このページへのトラックバック一覧

大人の科学マガジンvol.24「4ビットマイコン」情報が出てきた

Tracked on 2009年05月09日 22:02 from しく武呂具963

6月下旬発売の大人の科学マガジンvol.24の付録が「4ビットマイコン」というの...   続きを読む »

ASCII.jp Blogmag
[ブログマグ]
東京カレー日記

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ


Blog profile