コデラノブログ 3

よろしい、ならば戦争だ?

JEITAが取ったアンケートによれば、「地デジ放送に補償金は不要」が78.4%だったそうで。

しかしこのアンケート、実施しているというのは全然知らなかった。報道によれば、4月18日から21日に実施、サンプル数は500人だそうである。ネット上で実施ということだけで、どういうサンプリングなのかよくわからない。

500人という数字はこの手のアンケートにしては少なすぎると思うし、しかも1ヶ月以上前の結果を今頃だしてくるあたり、記事内にもあるように批判をかわす目的はあるだろう。というかこういう結果を突っ返してきた以上、もう単純にタイミング見計らって「やっぱ補償金払いますからダビング10やりましょう」って話には収まらないだろうと思う。あきらかに双方とも感情的になってきている感じがする。

ちなみにMIAUでもこの問題に関するアンケートを実施していて、これは締め切りが5月30日、すなわち今週金曜日までである。今からでももの申すという人は、参加していただきたい。

ちなみに中間報告も受け取っているが、まあ案の定ものすごい結果が出ており、まさに我々がどういう層に支持されているかがよくわかるちゃーよくわかる結果となっている。集計結果のほうもお楽しみに。
ちなみに男女比率もものすごいことになっているので、なるべく女性の方にお答えをお願いしたい。マジで。ホントお願い。

しかしここにきて、想像以上にガチな勝負になってきているなぁ。

この記事へのトラックバックURL

http://blogmag.ascii.jp/admin/mt-tb.cgi/1164

この記事へのトラックバック(0)